2015年9月7日月曜日

てんぷらとシンガポール国政選挙

お、ひ、さ、し、ぶ、り、です。
学校がクローズしてから、これでつんだのかッと
若干心配していましたが、
いやいやどうしてありがたいことに、今まで以上に忙しくなるという
うれしい悲鳴をあげていたために
更新がとどこおっていました。

皆さんの夏はいかがでしたか?
こちらシンガポールは今週金曜日に国政選挙がありまして、
その話題でもちきりです。

日本と違って投票は義務でして、
肉食も昨日は演説を聴きにランニングに半パンにビーサン履きという
シンガポール人の典型ともいえる格好ででかけていきました。

日本も義務にしちゃえばいいのにね、と
最近の自国の様子をみると思わずにはいれませんね。

ま、すっとびましたけど、あさってに現在の国会議員のお宅訪問的な
ことがあると告知がありましたので、
ミーハー(て、これもうまずいですよね、誰もいわないですよね??)気分で
セルフィーしちゃおうと思います。

私はおおむね快適な暮らしをここでは享受していますが、
改善してほしいというところがあるとすれば、
ひとつ、家の側にスーパーを作って欲しい(ま、いうだけタダやん?)
ひとつ、リサイクルシステムを確立してほしい(今は電池もビンもぜんぶ階下につきおとす様式)
ひとつ、医療費の控除の仕方をちょっと変えて欲しい。

先日肉食が静脈瘤の手術をするために私立のクリニックにかかったのですが、
まず公立と私立ではかかるコストがべらぼうに違うんですね。
でも公立だと待ちがおそろしく長くて、はやくて2ヶ月待ちとかそういうかんじなんです。
しかしながら私立だと天井しらずの医療費。
つまるところ、お金がある人が優先という
あからさまな違いがあるのですね。
私立でも公立でも政府からの控除もあるのですが、
まず患者が先に支払いをしてから控除をうけるというシステムなんです。

肉食はプライベートの保険も入っていたので、すべて保険と控除でまかなえたのですが、
たかが静脈瘤の手術で
まず1万5千ドルの支払いだったそうです。
現在の日本円換算だと130万円強といったところでしょうか。
なーなー、これ静脈瘤というありふれた病気でなる人がいっぱいいて、
で、この金額をぽんっと用意が楽にできる人ってどれくらいいるんでしょうね?

日本は先に申請しておけば、退院時に高額医療控除後の支払いですみますよね。
また救急車も無料ですし、赤信号もすっとばして連れて行ってくれる。

これって外地にでるまでは知りませんでしたが、ものすごいことですよね。

だからタクシー代わりに使ったりきちんと納税しなかったり、納付しなかったり、
こういうすばらしいサービスを安いから、無料だからと濫用してしまうと
サービスを提供する側がたちゆかなくなってしまう。

あ、日本の話になっちゃったけど、シンガポールでも
日本ほどいたれりつくせりじゃなくてもいいから、もそっとつらい思いを
続けなくてもいいようにしてくれないかなと思ったわけです。

それが実現したらこんどは
ペット保険だね。
これも先月ごまが手術したので、
我が家は病気だらけでずたぼろでした。

私はぴんぴんしてましたが。
みなさんも季節の変わりめ、どうぞ体調くずされませぬよう。

写真は昨日マッハで揚げたてんぷらです。
卵の黄身は余計でした。

にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村


2015年7月19日日曜日

レモンメレンゲタルト 


レモンの皮をいれたタルト生地にレモンカードをながしこみ、イタリアンメレンゲをしぼりだしてちょっとだけ焦がしたものです。

バターてんこ盛りなのに、レモンのさわやかな酸味が罪悪感を全部ひきうけてどこかにやってしまってくれる不思議なタルトです。
 本当にこれ好きなんです。

 ランキング参加中↓ ここにまた頻繁に戻ってくるようになったのは、そう、また一年で一番嫌な税金のファイリングの季節がやってきたからなのです。 逃げたいー。
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村

2015年7月17日金曜日

チキン南蛮

こんにちは。
これは先週作ったものなのですが、
骨付きの鶏を塩コショウと小麦粉をまぶして揚げて、
醤油、酢、砂糖に漬けて、
ヨーグルト、マヨネーズ、ゆで卵、玉ねぎのタルタルと千切り野菜と一緒に食しました。

骨付きなのでやたら揚げるのに時間がかかりましたが、
肉食には毎日作って欲しいといわれました。(想定内)

ランキング参加中↓ 
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村

2015年7月15日水曜日

すきすきすきすき フルーツタルト


ニュースにくぎづけになって午前中はすべて電波にとられてしまいました。
皆様におかれましては、夏日の中いかがおすごしでしょうか。
 やっと昨日で一仕事おわりまして、 ところかわれども最後のスパートだけが速いというこの態度はあらためなければと思います。

 私は写真をとるプロではないので毎回あーでもないこうでもないと試行錯誤するしかないのですが、
シフォンケーキ、ロールケーキ、ショートケーキ、クッキー
この順で撮るのが嫌です。(だれもきいていないけど)
自分でいうのおなんですが、このタルトは短時間で「お、いいねー、きまったねー」と
いうようなあがりになって本当にうれしかったです。

タルトは作るときには全くときめかないのですが、
食べるときは仕事を忘れて無心でフォークをすすめてしまう私の大好物。
クッキー、アーモンドケーキ、クリーム、カスタードクリームに果物と全好物のこのケーキ、
自分で作るのが一番おいしいと思うのは気合の違いだと思います。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村

2015年7月13日月曜日

かぼちゃのいとこ煮

どうも小豆はむくみによく効くらしいとか。
日本料理はネーミングがおもしろいものがたくさんあると思いませんか?
だいたいが季節や自然になぞらえた座布団をたくさん差し上げたいといった名前ばかりなのですが、
親子丼の意味を直訳するとちょっと趣味が悪い聞こえになってしまいますね。
写真は南瓜と小豆のいとこ煮。
でも同じファミリーの出じゃないのになんでいとこ扱いなの?ときかれて
押し黙ってしまいましたが、
これはなかなかよい名前だと思います。

さて、作り方。
小豆は2回ゆでこぼした後に柔らかくなるまでことことゆでます。
私は実のところゆでこぼしはしないで、その茹で汁をむくみ対策で別にとっておいて飲みます。
小豆を水、塩、醤油と砂糖(気になるのであれば、メープルシロップとかでもいいです)で
薄甘に調味してことことと10分、そのあと南瓜をいれてことこと。
これだけです。
気をつける点があるとすれば、あくまでも薄味にしあげたほうがこの季節はすっきりたべられるということでしょうか。

冬になったらちょっとこってり味をのせたほうがおいしく感じるような気もしますが、
しばらく冬を感じていないのでちょっとすみません。
ランキング参加中↓
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村

2015年7月7日火曜日

冷やし中華


昨日、肉食に七夕の由来をきかれて、
別の話を作ってしまったことに気がつきました。

天女が下界の男性とであって恋に落ちて、その男性が天女を天に帰したくないがために
衣をかくして、その天女が衣を織っているところを男性がみてしまい天女は天に帰らざるをえなくなり、以降年に一度だけ、7月7日の日にミルキーウェイであえる、と
それはちょっと「鶴の恩返し」(?)とのフュージョン的な。

で、願いごとを短冊にかくとしたら何を書く?という流れに当然なりまして
私は「家内安全」と切実な思いは「世界平和」まあ妥当な線としてこんな感じねと
いったところ
肉食は
「宇宙の未知なる部分を全て把握できる能力が欲しい」

ちょっと我が父と似たエキセントリックな答えが返ってきて眠れなくなりました。

上の写真は先週食べ続けていた冷やし中華。
同封のたれはもちろん端によけておいて、自分でつくるのがやっぱりおいしいです。
濃い目の出汁、醤油、砂糖、酢、ゴマ油、ラー油あたりでちょっとすっぱめに仕上げるのが
じめじめしたこの季節にはありがたいです。

それでは、皆さんのお願いごとがかないますように

ランキング参加中↓
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村


2015年7月6日月曜日

最後の授業

おひさしぶりです。気づけばもう明日は七夕。
お願いごとがありすぎて、今日は徹夜かも。

さて、先月の21日に私としてもShermay's Cooking School としても最後となるクラスを受け持ちました。思えば2010年からのほぼ5年の間教えたことになります。
最初は料理を教えるという話だったのですが、気がつけばお菓子のほうに比重があるようになりまして、それは水面下で格闘する5年だったと今やっと暴露できます。

料理の専門学校を卒業してから最初の日本での職場で
学校なんかいって無駄したねといわれ、少なからずむっとしましたが、
今やっとその意味がわかったような気がします。

とにかく手を動かすこと、考えること、修正する方法を身につけること、
とにかく数をこなして経験することは、学校でひとつふたつ作った経験なぞおよぶはずもない、
そういうことなんだと理解するに至りました。

実際問題、生徒の皆さんも私の履歴などには全く関心はなく、
私が何をしっているか(まあ、試されるんです、知識量を)、何を提供するかと現在のことにしか興味をもたれていないようでした。

毎回30-50名分の用意をした経験や、地元の方の好みを深く理解できたこと、
またそこで得た友人-リー女史を始め、スタッフの方、また生徒の方々は生涯の宝といっても
いいすぎではないと今ひしひしと感じています。

今まで一度も里の両親にはクラス風景を見せたことがなかったので、
私はうすぼんやりとしかみえませんが、ここに載せて、将来へこむことがあれば
この投稿にもどってこようかとお守り代わりに書いてみました。(なんやねんッ)

あまりいらっしゃらないと思いますが、かつて学校の授業にでてくださった方、お世話になった会社の方々に心より感謝いたします。

渡部 晶

これからもどうぞよろしくお願いします。今年は海外にも出張しちゃう。オフィス勤務みたいで一度言ってみたかったセリフであります。「来週ちょっと仕事で海外へ」ての。↓
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村

2015年6月7日日曜日

オレンジシブーストタルト

今月21日にShermay's Cooking School にて最後の授業があります。
大好きなかんきつ類を使ったお菓子です。
私の中でのいちおし(そして他のものが人気あったりすることが多々あるのですが、まあそれはそれでいいです。)はこのタルト。
オレンジの皮を練りこんだアーモンドのタルトのなかにオレンジのシロップ煮をいれたカスタードを流し込み焼いて、あとはトップにオレンジカスタードでつくったムースをかためて最後に砂糖をふりかけて焦がすというものです。

昨日ひとつクラスを終えまして、
体力ではなくて気力で乗り切ろうとするようになったところが
5年という年をかさねた証拠と思い、
なんとなくしみじみしてしまった次第。

学校のオーナーとは今ではよい友人関係を築き、
人生の中ではじめて尊敬できる経営者のもとで働くことができた
本当に幸運にみちた5年間でした。

さて、有終の美を飾るためにこれから気力で焼きます!(体力には自信がなくなってきたので。とほほほほ。)
ランキング参加中↓
にほんブログ村 料理ブログ 自分用弁当へ
にほんブログ村